人材育成・教育研修制度

HR Development & Training Program

KPMG FAS
〜会社は個人の成長のためにある。そして、プロフェッショナル個人の成長が会社の成長を支える〜

KPMG FASでは、規模の拡大を追わずに適正規模の維持を目指し、従業員一人ひとりを大切にしています。
「People Developer ~ 人を育てよう」をモットーに、プロフェッショナルとしての成長機会を提供する組織構造と企業風土を備えています。

新入社員研修

新入社員の方には、まずは入社前研修・入社時研修・OJTプログラムを通じて、「M&A・戦略コンサルタント」に必要とされる基礎的な知識・スキルを身につけていただきます。 また本配属後も、多種多様なトレーニングプログラムが用意されており、プロフェッショナルとしての成長を強力にバックアップしていきます。

初期導入トレーニングプログラムスケジュール

KPMG FAS

人材育成:プロフェッショナルへの3つの軸

KPMG FASでは、「M&A・戦略コンサルタント」に必要とされる様々な知識やスキルを、大きく3つにカテゴライズしています。
そして各カテゴリー毎に、特定のテーマ・目的に沿ったもの、年間を通じて定期的に提供されるもの、キャリアの各段階に応じて必要とされるものなど、様々な切り口のトレーニングプログラムが導入されています。
自分の得意とする分野をさらに深掘りするため、あるいは苦手分野の克服のため、キャリアアップに必要とされるスキルの習得のため、グローバルで活躍する英語力や知識を身につけるためなど、各個人の環境やニーズに応じた多種多様なトレーニングプログラムを受講することで、キャリアに磨きをかけていくことが可能です。

人材育成の3つの軸

求められる基本的・
普遍的な力

Foundation
Professionalism
Presentation
Critical Thinking
Research
Data Analytics
Project Management
Risk Management
M&A Basic Knowledge
PC skill (Excel, Power point)

業務に関わる深い知見 

Technical
経営戦略
M&A/PMI
事業再生
フォレンジック

を中心に、様々な
研修プログラムを実施

人とコミュニケートし
統率する力

People & Leadership
Facilitation
Negotiation
Coaching

語学やその他外部研修・
公的資格取得への補助金支給

※ 公認会計士CPEを満たすものも含まれます。

各カテゴリーに属するトレーニングプログラムの例。
しかし、これらはほんの一部に過ぎません。KPMG FASでは、当社独自のトレーニングプログラムだけではなく、KPMGジャパンが提供する一連のプログラムの他、各国のKPMGメンバーファームと共同で実施されるプログラムなども提供されています。
また、これらのトレーニングプログラムは日々アップデートされ、さらなる充実を図っています。

KPMG FAS

*その他、TOEIC受験や外部研修費等は会社補助の制度があります

制度構築にとどまらない、成長のための環境づくり

人材の育成には、トレーニングプログラムを充実させるだけでは不十分です。社員一人ひとりがその個性を活かし存分に能力を発揮して成長していくためには、学ぶ意欲を醸成する風土や、いつでも自由に学べる環境、社員同士がサポートし合う社風づくりが不可欠です。
KPMG FASでは、そういった点も重視し、環境・風土づくりにも力を入れています。

KPMG FAS