社員インタビュー

Interviews

KPMG FAS

挑戦する道があるなら、決して逃げない。
その姿勢が自分の世界を広げてくれる。

江本 匡亨Masayuki Emoto

シニアマネージャー Strategy & Integration
2018年入社

新卒で大手広告代理店に入社し、3年間営業として活躍する。総合系コンサルティングファームに転じてキャリアを積んだ後に、個人事業主のコンサルタントとして独立。小売業界を中心に事業再生支援に携わる。その後、さらなる成長の機会を求めてKPMG FASに入社。

自分を甘やかしたくない

広告代理店の営業から戦略コンサルティングファームへの転身では苦労しました。戦略コンサルタントとしてのスキルなど何も持っていませんでしたから、最初は会議の議事録をまとめるだけで徹夜したことも。周囲は秀才ぞろいで“同じ土俵で戦っても勝てない”と悟り、自分の持ち味であるコミュニケーション力を武器としたコンサルタントを目指すことにしました。そしてしばらく経験を積んだ後に、個人事業主のコンサルタントとして独立。事業再生中の企業に投資会社から役員として派遣されてコンサルティング活動を行いましたが、「リストラのために乗り込んできた」という視線を浴びながら立て直しを進めていくという修羅場をいくつも経験しました。おかげでアウェイな環境でも図太く生き抜くスキルを身につけることができたと思います。
こんなふうに自由に仕事をさせてもらい、非常に楽しかったのですが、一方で最先端のビジネスの知見をキャッチアップするには個人では限界があることも痛感。それをきっかけに、グローバルの先進的な事例やトレンドにキャッチアップできる新たな組織の中でもう一度自分を鍛え直したいと思い、再度、ファームに転じようと思うようになったのです。社会人として10数年のキャリアを積み、個人事業主としても安定した生活ができていたのですが、新たな挑戦の道に気づいたときにそこを素通りできる性分ではないようです。自分を甘やかすのが好きではないのでしょう。
飛び込むことにしたのはKPMG FAS。理由は、人の目を見てまっすぐに話をしてくれる人たちがいたからです。こういう誠実さあふれる人たちの中で揉まれて、さらなる成長に挑戦したいと思い、ここで新たな一歩を踏み出すことにしました。

KPMG FAS

クライアントの経営トップと膝詰めで

現在の業務の中心はM&Aに伴うディールアドバイザリーと、企業の成長戦略策定支援です。前者はM&A検討段階におけるバイサイドのビジネス・デューデリジェンスに従事することが多く、買収対象企業の事業性評価などを行っています。後者については、特に次の成長を目指す企業が、外部からのイノベーション獲得を目的に活性化しているコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)設立支援に積極的に従事しています。
ビジネス・デューデリジェンスは対象会社に財務データなどを開示してもらい、市場分析や競合分析なども含めて、将来を見すえた事業計画の検証を行います。例えば、5年間で10%の成長を見込んでいると中期経営計画に記されてあったとしたら、その確からしさを確認するわけです。関係者のインタビューも行って、数字の裏側にある事情も探らなくてはなりません。そうした分析の結果で導き出された評価は、M&Aの成否に大きな影響を与えることになります。一方のCVCの設立支援では、例えばクライアントの既存事業とのシナジーが見込まれるような海外のイノベーションを発掘し、クライアントの未来の姿を描き出していきます。

いずれの業務も、クライアントのマネジメント層と膝詰めで次の成長につながる道を切り拓いていくところが面白みです。
さらに最近ではIR(統合型リゾート)開設に向けた支援にも従事しています。国内に先例がない中での取り組みのため苦労する点も多いのですが、ヒストリカルなプロジェクトであることは間違いありません。海外の事例をベースにロジックを組み立てることでモデルをつくっていく中、時代に足跡を刻んでいく醍醐味を感じています。

KPMG FAS

KPMG FASはワンチーム

KPMG FASに入社して感じるのは、“ワンチーム感”が強いということです。パートナーも含めて上下関係の距離が短く、パートナーの知見を新人も直接共有できる環境があります。このカルチャーは、年齢やキャリアに関係なく、実力を正当に評価するという処遇にも結びついているのではないでしょうか。
また、私がKPMG FASを選んだ理由に一つに、グローバルの先進的な事例やナレッジを活用したいということがありました。この点においても、国境を越えて垣根のない情報共有をしようというカルチャーが根づいているため、十分な活用ができています。
入社して約2年がたち、クライアントの信頼もある程度は得ることができたと自負しています。最近では名指しで仕事をいただくことも増えました。今後はこうした関係づくりを海外にも広げていきたいと考えています。クロスボーダー案件に力を入れ、海外のクライアントやファームから「ジャパンには江本がいる」と認められ、信頼されるようになり、ひいてはグローバルでの当社のプレゼンスの向上に貢献できたら嬉しく思います。それがこれからの私のビジョンですね。

KPMG FAS

尽くしたいという想いがチカラに

私が仲間として迎えたいと思っているのは、自分の成長を自分でドライブできること、つまり向上心を持っている人材、そして負けん気の強い人材です。負けん気が強いというのは、人に負けたくないという気持ちはもちろんのこと、プレッシャーにも負けないという強さのことです。この仕事では、日本を代表するような有名企業の戦略策定や企業が社運をかけたM&A案件にも携わります。そんなプロジェクトに携わるのは大変なプレッシャーで、時にはその重みに押し潰されそうになるかもしれません。そこで必要となるのが、どんなプレッシャーにも負けない、粘り強さなのです。
そして、何よりも重要なのが、クライアントのため、そこで働く人々のために尽くすという想いです。その想いが強ければ、どんなタフな状況になっても押し潰されることはないでしょうし、成長もできるでしょう。
他のファームでよく聞くような話と違って、KPMG FASには「アップ・オア・アウト」、つまり“昇進できないなら退職を”というカルチャーはありません。だからといって、成長しなくていいということにならないのはもちろんです。私は、成長の道があるのに素通りすることを自分に許せなかったように、部下に対しても常に“成長したいか”と問いかけ、チャレンジを促しています。コンサルタントとは、決して甘い仕事ではありません。けれど、意欲さえあれば必ず成長できる仕事です。その意欲を持った方の背中を、私はしっかり押していきたいと思います。

※記事の記載内容は、インタビュー取材時点のものとなります。