社員インタビュー

Interviews

KPMG FAS

新しいことに挑戦し続けることで
自分の価値は限りなく高めていける。

清水 雅楽乃 Utano Shimizu

シニアマネージャー Strategy & Integration
2019年入社

新卒で入社した外資系コンサルティング会社を皮切りに、M&A専門ブティックファーム、戦略系コンサルティングファーム、ITコンサルティングファームと、一貫してコンサルティングの領域でキャリアを重ねる。その間、バックオフィス部門も含む多様な業務を通じてスキルを磨く。さらに新たなスキルを身につけるべく、2019年にKPMG FASに入社。

コンサルタントとしてのモラルの高さに惹かれて

新しいことに挑戦するのが大好きで、いつもワクワクします。もちろん大変なこともありますが、それを乗り越えたときに見えてくる新しい景色には、いつだって興奮します。
前職ではITナレッジを身につけようとITコンサルティングの会社に入社し、ITプロジェクトのマネージャーとして基幹システム導入、Webシステム導入、インフラ展開などを担当しました。ITは自分のキャリアで初めてのことだったのでとても難しかったのですが、やりがいは大きかったです。ただ、そのときに感じたのが、ITは重要だけれど、ITだけではより全社的な視点でプロジェクトに関わるのは難しいということでした。そこで、より高い視点で企業全体が変わっていく様子を見てみたいとの思いで、M&Aに関わろうと思うようになったのです。ITコンサルタントはクライアントの情報部門が窓口であるのに対し、M&Aは経営陣と直接やりとりができるというのも魅力でした。
KPMG FASを選んだのは、前職のプロジェクトでKPMG FASの社員と一緒に仕事をする機会を得たことがきっかけでした。その社員の方は非常に優秀で、コンサルタントとしてのモラルが高いと感じました。つまり常にクライアントの成長を真摯に考える、誠実さにあふれていると思ったのです。こういう人たちと一緒に働けることは、私にとって大きな魅力でした。

KPMG FAS

買収先の人々に心を寄せながら

M&Aは、契約が成立して終わりではありません。統合の効果を最大化するためにPMI(Post Merger Integration)という取り組みが行われます。私はこのPMIを支援する部署に所属し、統合後のオペレーションやシステムを組み立てていく業務を担当しています。M&Aは、特に買われる側の社員にとっては切実な話です。待遇が変わるかもしれない、業務が変わるかもしれない、ひょっとしたら退職を迫られるかもしれないという恐怖さえ抱えているものです。ですから、そうした人たちが少しでも良い環境の中で再出発できるように支援してあげたいという想いをもって取り組んでいます。

異なる組織が一つになって生まれ変わり、新しい体制でスタートする日のことをDay1と呼ぶのですが、PMIのプロジェクトがスタートすると、Day1までの限られた期間の中、急ピッチで作業が進められます。そしていよいよ迎えたDay1当日、統合されたシステムがちゃんと稼働するか、ドキドキする気持ちが先に立ちます。システムが問題なく動き出し、組織も動き始めると、私たちもホッと一安心。バイサイド、セルサイドの両方から「あなたのおかげでうまくいきました。ありがとう」という言葉をいただくと、心の底から嬉しく感じます。

KPMG FAS

ヘッドハンティングの話が一気に増えた!

驚いたのは、KPMG FASに転職した途端、ヘッドハンターからの誘いが一気に増えたことでした。私自身は短期間で急激に成長した実感もなく、以前と変わらないと感じているため、転職市場での価値が急上昇したことに戸惑いを覚えています。おそらくこれは“KPMGのブランド力”のなせる技でしょう。ブランド力を築いたのは、諸先輩方が積み上げてきた実績と信頼です。KPMGの人材がビジネス社会でどれほど高く評価されているか、自分の事として改めて思い知らされ、また誇らしくも感じます。
将来はマネジメントの仕事に挑戦したいというのが私のキャリアビジョンです。女性の視点で、管理部門全般・IT・M&Aに精通したマネジメントを目指しています。まだまだ経験が必要ですが、FASはその経験を積める最高のステージだと思います。

KPMG FAS

女性が生きていくための強さを身につけられる

好むと好まないとにかかわらず、女性が生きていくうえでは、様々なライフイベントと向き合わなくてはなりません。男女平等社会とはいえ、結婚や子育てなど、やはり男性より女性のほうが仕事との両立を現実的には工夫しなくてはいけないとは思います。工夫の仕方は人それぞれだと思うのですが、生き方の選択肢を増やすことは誰にとっても重要なことです。武器となる知識やスキルがあれば、選択肢は確実に増えて自身の価値を高めることができると思います。それが自信にもつながり生きていく強さになると思います。ですので、私は女性がファーストキャリアとしてコンサルティング会社で働くことはとてもよい選択肢だと心の底からお薦めします。もちろん甘い業界ではありませんから、最初の3年ほどは大変な思いもするでしょう。しかしそこを乗り越えることで、必ず生きていくうえでの“強さ”を身につけられるはずです。
この業界に長くいますが、女性だからといったハンデや生きにくさは全くありません。特にKPMG FASでは性別などの違いを超えてお互いをリスペクトし合うカルチャーが根づいています。ぜひ多くの女性の方に挑戦していただけたらと思います。

※記事の記載内容は、インタビュー取材時点のものとなります。